マカと葉酸、摂取目的の違いとそれぞれの効果






マカと葉酸、摂取目的の違いとそれぞれの効果

マカと葉酸

妊活は妊娠活動の略称で、妊娠に向けて知識を付けると共に身体を整えるために男女ともに前向きに行なう活動です。

出産まで赤ちゃんが留まる母体は特に気を配る必要があり、妊活に適したサプリとしてマカと葉酸などの摂取が勧められています。

この2種類のサプリは普段あまり聞き馴染みが無いものですが、それぞれ摂取目的にどのような違いがあり、またどのような効果の違いがあるのでしょうか。

 

マカの特徴

まずマカとは南アメリカ大陸の太平洋岸の国であるペルーで生息している植物です。

アブラナ科の多年草で根の部分が食用として用いられており、古くはインカ帝国の時代から重要な薬用ハーブとして栽培されてきました。

 

現在では研究が進む中では栄養成分として、必須アミノ酸・不飽和脂肪酸・カルシウムなどが豊富に含まれていることが判り、医療用途としても充分な効果が期待できるとして更なる研究が行なわれています。

妊活においてマカサプリを服用する摂取目的としては、ホルモンバランスを整えて妊娠しやすい状態を作り出すことがポイントとして挙げられます。

 

成分を服用すると乱れがちなホルモンバランスを整える効果があり、マウスによる実験では卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの双方の血中濃度を高める作用が確認されています。

黄体形成ホルモンは排卵前に分泌されて排卵を促す作用があるもので、加えて卵胞刺激ホルモンは卵子をいつでも受精可能な状態にする役割があり、二つの作用が相まって妊娠しやすい状態になるのです。

 

葉酸の特徴

続いて葉酸とは植物や肉類に含まれている栄養成分の1つで、水に溶けやすい水溶性ビタミンであり、ビタミンB群の一種に分類されています。

別名ではビタミンM・ビタミンB9・プテロイルグルタミン酸などとも呼ばれており、野菜では枝豆・芽キャベツ・パセリなどに、また肉類では鶏や牛の肝臓に多く含まれています。

 

妊活において葉酸サプリを服用する摂取目的としては、妊娠初期において生じやすい胎児の神経管閉鎖等の奇形を発生するリスクを軽減できることがポイントとして挙げられます。

 

成分を服用すると胎児の遺伝子を正常に保つ働きがあることから特に神経管閉鎖の障害を抑える効果があり、加えて母体に対しても子宮内膜や子宮内のなどに流れる血流を強化する役割があり、受精卵を着床しやすくした上で着床後の安定しやすい環境を作り出すことができます。

 

つまりマカはホルモンバランスを整えて妊娠しやすい状態にする摂取目的があり、また葉酸は障害の発生を抑え胎児が育ちやすい環境造りをする摂取目的がありますので、双方には効能や目的において大きな違いがあるのです。

 

マカ研究所!マカサプリのおすすめトップページへ

 



マカ研究所のお勧めサプリメント比較
マカ サプリメント
カテゴリー

 

 

女性にお勧め!モンドセレクション最高金賞受賞オーガニック&無添加の純度100%最高品質マカサプリメント! プレミアムマカモラーダ

 

男性にお勧め!モンドセレクション金賞受賞オーガニック&無添加の純度100%最高品質マカサプリメント! 凄いマカ

 

タグ