マカに副作用はある?






マカに副作用はある?

マカ 副作用

マカは栄養豊富で完全食とも言われ、実際にその効果を実感された人たちは世界中に大勢います。

効果についてはすでにご存じかと思いますので、反対にあまり知られていない副作用のことをわかりやすく解説します。

 

はじめに、マカは天然の農作物であり、食品です。

そのため、薬のような副作用は基本的にないと考えて問題ありません。

 

ただ、食品にもその人の体質によって合う・合わないがあります。

人によっては、ちょっと心配になるような体の反応が起こる場合もありますので、ここではそういった不安を取り除いていきたいと思います。

 

一般的に注意が必要なこと

マカに限らず、サプリメントを飲むうえで注意したいことについてです。

サプリだけでなく食品に対しても、特定の物質にアレルギー反応を起こす人はいます。

そのため、アレルギー反応が出たら一旦飲むのをやめて、お医者さんに相談してください。

 

一般的にマカは病院で不妊治療を受けている人も、治療と並行して用いることが可能です。

病院で処方された薬や市販薬と併用して飲んでも問題ないといわれています。

 

また、男性の場合、バイアグラと一緒に飲んでも大丈夫とのこと。

(『ありがとうマカ 19人の不妊症克服報告』医学博士 小野倫一著より)

とはいえ、あなたの体はあなたが一番よく知っているものなので、体調不良を感じたりちょっとでも不安があったりしたら、お医者さんに相談すると安心できるのではないかと思います。

 

よくみかける女性の「副作用」

ネットでマカの副作用を検索すると、マカを飲んで逆に生理不順になった、というのがあります。

これは、マカの成分がホルモンに作用する働きによるもので、体がマカに過剰に反応してしまった結果、一時的にホルモンバランスが乱れてしまうことが原因と考えられます。

マカを継続的に飲む目的は、体を正常な状態に整えることです。

したがって、体が慣れてくれば本来の自分のリズムに戻っていくと考えられますが「効きすぎているな」と感じるようでしたら飲用をストップして様子を見たり、量を減らしてみたり、自分に合った飲み方を探してみてください。

 

過剰摂取した場合に起こりうる反応

適量を守って正しく飲用している限り過剰摂取にはならないはずですが、仮に過剰摂取をした場合に起こりうる反応について書いていきます。

効果・効能のところでも説明しているように、マカは薬ではないので即効性を期待するものではなく、自分自身の体質を改善していく補助食品なんですね。

多くのメーカーが、1500mg~3000mgを1日の摂取目安量としています。

 

何度も述べるようにマカ自体に副作用はありません。

どのメーカーも、体に負担なく最大限の効果を引き出せる摂取量を設定しているので、1日の摂取目安量を守って飲んでいる限りまず起こりえないことなのですが、万が一過剰摂取した場合に起こりうる反応には次のようなものがあります。

 

マカに含まれる成分

亜鉛

もし継続的に過剰摂取が続いた場合、貧血や下痢などの症状が出ることがあります。

 

アルギニン

アルギニンはアルカリ性のため、過剰に摂取すると胃腸を荒らしてしまうことがあります。

 

リジン

リジンの過剰摂取は、胃痛や下痢などを引き起こす可能性があると言われています。

ただしマカに含まれているリジンは数十mgという製品が多いため、マカのサプリのみで言えばまず心配いらないといえるのではないでしょうか。

 

もしもお手持ちのサプリメントにマカ以外の成分が添加されていたり、マカ以外のサプリメントを合わせて飲むような場合にはこのようなことも覚えていればさらに安心かと思います。

 

まとめ

マカは薬ではないので副作用はありませんが、一般的な食品と同程度の注意(アレルギー・賞味期限等)は必要です。

また、マカ自体に問題はなくても、その他添加されている成分や品質などに問題がある場合もあるので、しっかりした会社の製品を選ぶのもポイントですね。

 

マカ研究所!マカサプリのおすすめトップページへ

 



マカ研究所のお勧めサプリメント比較
マカ サプリメント
カテゴリー

 

 

女性にお勧め!モンドセレクション最高金賞受賞オーガニック&無添加の純度100%最高品質マカサプリメント! プレミアムマカモラーダ

 

男性にお勧め!モンドセレクション金賞受賞オーガニック&無添加の純度100%最高品質マカサプリメント! 凄いマカ

 

タグ